販売管理コラム

入金方法、銀行口座、支払方法の種類 法人取引の基本である「掛け取引」では、取引条件によって「締日」や支払が実行

与信限度額の管理 取引先が増え、事業が拡大するのは企業にとって喜ばしいことです。その一方で、代金が回収できない

法人取引の種類を整理しておきましょう。信用取引として行う「掛け取引」と、その場で現金を支払う「現金取引」とがあります。「掛け取引」の流れと、「締め」、会計システムでの現金取引の扱いについて解説します。

伝票を起票して各種の帳簿を作成することは、会社の状態を正しく記録し、会社の利害関係者に正しい情報を伝える重要な仕事です。伝票記載のルールと、何のためにそうしたルールが運用されているか、理由と注意点を理解しておきましょう。

企業の取引で見積もりしたり、請求したりするときに気をつけたいのが、合計金額の1円未満の「端数処理」です。端数処理が異なると、金額が違ってくる場合があるので注意が必要です。取引先に合わせて、正しく処理しなくてはなりません。

企業の販売管理で知っておかなくてはならないのが、「消費税」の扱いです。商品を販売するときには、「消費税」が課税されます。どのような仕組みで課税され、計算されるのかを理解しておきましょう。

業務システムの中でも、現在、導入企業が増えているのが「販売管理システム」です。販売管理の目的と、何ができるのか、さらに企業にとってどのようなメリットがあるのかを知って解説します。

個人が店から商品を購入するのと違い、企業である法人には法人の取引方法があります。一般的な法人取引の基本を抑えて、商品とお金の流れを把握しましょう。