2014年4月7日に、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)より、暗号化ライブラリOpenSSLにおいて情報漏洩の可能性がある脆弱性が公開されました。ClearWorksでは、脆弱性のあるバージョンのOpenSSLを使用していないため、発表のあった脆弱性問題の影響を受けることはありません。詳細は記事をご覧下さい。

クラウドERPシリーズ

OpenSSLのHeartbleed脆弱性への対応

2014年4月7日に、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)より、暗号化ライブラリOpenSSLにおいて情報漏洩の可能性がある脆弱性が公開されました。

IPAの発表内容

・OpenSSLの脆弱性対策について(CVE-2014-0160)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20140408-openssl.html

ClearWorksでは、脆弱性のあるバージョンのOpenSSLを使用していないため、発表のあった脆弱性問題の影響を受けることはありません。

OpenSSLバージョン確認および対策済みの弊社サービス

ClearWorks
SecureFolder
NetForum
弊社提供の全てのクラウドサービスにて、現時点でこの脆弱性に起因する問題は確認されておりません。
今後も各種クラウドサービスを引き続きご安心してご利用いただけますよう、引き続きセキュリティ管理を進めて参ります。

最新のお知らせ

2017.7.21

掲載日:2017年7月21日 平素は、ClearWorksをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度

2017.6.30

掲載日:2017年6月30日 平素は、ClearWorksをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度

2017.6.13

掲載日:2017年6月13日 平素は、ClearWorksをご利用いただき、誠にありがとうございます。 201

2017.5.23

掲載日:2017年5月23日 平素は、ClearWorksをご利用いただき、誠にありがとうございます。 201

2017.5.2

掲載日:2017年5月2日 平素は、ClearWorksをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、