バージョンアップのお知らせ固定資産管理機能(法人のみ)に対応しました。事前に仕訳パターンを登録することにより減価償却の仕訳連動が可能です。外税で販売連動する場合も、消費税の別記を使用しない連動を選択できるようになりました。販売連動の補助科目指定が可能となりました。販売の得意先/仕入先を会計の補助科目に紐付けることが可能となりました。※インポート機能も追加しました。※売掛金の補助科目と紐付ける場合は、 販売の得意先登録画面での設定が必要です。

クラウドERPシリーズ 平成24年9月 バージョンアップのお知らせ

ご利用ユーザー様各位 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、ClearWorksをご利用頂き、誠にありがとうございます。さて この度ClearWorksの機能を追加した新バージョンをリリース致します。 会計ワークスでは固定資産管理機能(法人のみ)の実装、販売連動(仕訳連動)を機能拡張、他システム連動にはネットde記帳・勘定奉行への連動機能を追加、消費税申告の95%ルール廃止に対応しました。 販売ワークスでは受注伝票の一部売上計上に対応しました。また販売単価履歴の表示期間を現在日の1年前まで表示可能としました。給与ワークスでは給与体系の計算式の単価項目に「割増基礎単価」を追加し柔軟な残業計算に対応しました。 実施日 2012年 9月 19日(水)<予定> 今回のバージョンアップ作業に伴うサービスの一時停止はございません。 通常通りサービスをご利用いただけます。

バージョンアップの主な内容

会計ワークス

固定資産管理機能(法人のみ)に対応しました。

事前に仕訳パターンを登録することにより減価償却の仕訳連動が可能です。 ※個人事業者向けの対応は2012年12月にリリース予定です。 <画面イメージ:会計-固定資産>   固定資産 <画面イメージ:会計-固定資産登録>   固定資産登録

販売連動の機能拡張1:別記連動

外税で販売連動する場合も、消費税の別記を使用しない連動を選択できるようになりました。 <画面イメージ:設定-会計基本情報>   会計基本情報

販売連動の機能拡張2:販売連動の補助科目指定

販売連動の補助科目指定が可能となりました。 <画面イメージ:設定-販売連動>   販売連動

販売連動の機能拡張3:販売の得意先/仕入先を会計の補助科目に紐付ける機能

販売の得意先/仕入先を会計の補助科目に紐付けることが可能となりました。 ※インポート機能も追加しました。 ※売掛金の補助科目と紐付ける場合は、 販売の得意先登録画面での設定が必要です。 <画面イメージ:設定-販売連動>   販売連動 <画面イメージ:設定-得意先>   得意先 <画面イメージ:設定-マスタインポート>   マスタインポート

他システム連動の拡張

他システム連動にネットde記帳と勘定奉行を追加しました。 <画面イメージ:設定-他システム連動>   他システム連動

免税事業者の消費税経理処理方式を税込(固定)としました。

免税事業者の販売連動時に税区分を内税(固定)として仕訳連動するよう修正しました。 また、仕訳入力時にも内税(固定)としてグレーアウトするよう修正しました。 <画面イメージ:設定-会計基本情報> 会計基本情報

その他

・消費税申告での95%ルール廃止に対応しました。

販売ワークス

受注伝票での一部売上計上に対応しました。

受注伝票での一部売上計上に対応し、売上へコピー時に受注残数を引き継ぐ機能を実装しました。 <画面イメージ:販売-受注伝票> 受注伝票

販売単価履歴表示の拡張機能

販売単価履歴表示を会計期間にかかわらず現在日から過去1年間まで保持する機能を追加しました。 <画面イメージ:販売-売上伝票ー販売単価履歴> 販売単価履歴

その他

  • 販売の各登録画面で確定処理以前のデータコピーに対応しました。
  • 販売の各画面の日付入力をテキストボックス形式に変更しました。

給与ワークス

給与体系の設定に計算項目として割増基礎単価を追加しました。

残業や不就労計算のための割増基礎単価( 例] 基本給/月間労働時間 の値 など)を予め保持し、柔軟な残業計算に対応することが可能となりました。 <画面イメージ:販売-受注伝票> 受注伝票

その他

軽微な改善事項を修正しました。

最新のお知らせ

2018.5.18

平素は、ERPシリーズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、下記の日程でメンテナンスを実施いた

2018.5.2

掲載日:2018年5月2日 平素は、ERPシリーズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 2018年6月

2018.4.20

株式会社スマイルワークスが平成29年度IT導入補助金の支援事業者に採択されました。 IT導入補助金はITツール

2018.4.17

「日刊工業新聞」2018年4月15日号にて、株式会社スマイルワークスが掲載されました。

2018.2.9

掲載日:2018年2月9日 平素は、ERPシリーズをご利用いただき、誠にありがとうございます。 2018年2月


平成24年9月 バージョンアップのお知らせ TOPへ戻る
バージョンアップのお知らせ固定資産管理機能(法人のみ)に対応しました。事前に仕訳パターンを登録することにより減価償却の仕訳連動が可能です。外税で販売連動する場合も、消費税の別記を使用しない連動を選択できるようになりました。販売連動の補助科目指定が可能となりました。販売の得意先/仕入先を会計の補助科目に紐付けることが可能となりました。※インポート機能も追加しました。※売掛金の補助科目と紐付ける場合は、 販売の得意先登録画面での設定が必要です。