会計ワークスデモデータ入り体験版をご利用のユーザー向けマニュアルを掲載したページです。概要から日次と振替の伝票、仕訳日記帳の入力方法、残高試算表、補助残高の表示、経営診断の使い方の手順を画像でご案内しています。

クラウドERPシリーズ

デモデータ入り体験版ユーザー向けマニュアル(会計ワークス)

目次

会計ワークス概要
日次の伝票入力方法
振替伝票
仕訳日記帳
残高試算表
補助残高一覧表
経営診断

会計ワークス概要

会計ワークスは「⽇次」「⽉次」「決算」「固定資産」の4つのメニューで構成されています。
デモデータ⼊り体験版では、期⾸残⾼、社員、部⾨、会計基本情報などのマスター情報が予め設定されています。
※お客様側でマスターなど、設定の変更は出来ません。
⽇常の仕訳を⼊⼒していただくと、残⾼試算表や総勘定元帳が⾃動で作成されます。

kaikei1_5

日次の伝票入力方法

⽇次の伝票⼊⼒は⼤きく分けて
①伝票形式
②出納帳形式
③かんたん⽇報
④CSVインポート
⑤販売連動・給与連動
⑥マネールックがあります

kaikei2_5

③かんたん⽇報は、経理知識がない⽅でもパターンを選ぶことで仕訳伝票を起票できます(承認が必要)
④CSVインポートは、地代家賃などの毎⽉固定の伝票を作成するのに便利です
⑤販売連動・給与連動は、販売ワークス、給与ワークスで登録されたデータを仕訳伝票に変換できます
⑥マネールックはインターネットバンキングから⼊出⾦のデータを取り込み、仕訳伝票を登録します

禁止事項
デモ版ではマネールックの機能は絶対にしないでください。

振替伝票

  1. 会計→⽇次→振替伝票
  2. ⽇付の指定
  3. 仕訳内容の⼊⼒     
    EnterキーもしくはTabキーで次のセルに移動できます
  4. 明細⾏を登録します
  5. 伝票を登録します(F12キーで代⽤できます)
  6. 貸⽅借⽅科⽬を「伝票辞書」から指定することも出来ます
  7. F1キーで勘定科⽬検索が出来ます
    「科⽬名」に語句を⼊れると、候補が表⽰されます

kaikei3_5

例)預り、と⼊⼒すると
318 預り⾦
320 預り保証⾦
が候補として絞りこまれます

仕訳日記帳

  1. 会計→⽇次→仕訳⽇記帳
  2. 条件の指定
    複数条件を設けた場合、いずれにも当てはまる伝票が表⽰されます。
  3. 表⽰/更新
  4. 伝票の⼊⼒⽅法が表⽰されています。
    「現出」は現⾦出納帳、「振替」は振替伝票です。
  5. 伝票左にあるチェックボックスにチェックを⼊れ、伝票のコピーや削除が出来ます。

kaikei4_5

残高試算表

  1. 会計→⽉次→残⾼試算表→⽉次・期間
  2. 条件の指定
  3. 表⽰/更新
  4. 印刷(PDF)できます
  5. チェックを⼊れると補助科⽬も表⽰されます。

shisan1_825

年間推移を知りたい場合は、会計→月次→残高試算表→年間推移で確認できます。

shisan2_825

補助残高一覧表

  1. 会計→⽉次→補助残⾼⼀覧→⽉次・期間
  2. 科⽬、期間の指定
  3. 表⽰/更新
  4. 印刷(PDF)できます
  5. チェックを⼊れると補助科⽬も表⽰されます。

hojyozandaka1_825

年間推移を知りたい場合は、会計→月次→残高試算表→年間推移で確認できます。

hojyozandaka2_825

経営診断

  1. 会計→決算→経営診断
  2. 期間、事業、従業員数、⽀払利息割引料の指定
  3. 表⽰/更新
  4. 診断
  5. 独⽴⾏政法⼈ 中⼩企業基盤整備機構が開発した「中⼩企業信⽤リスク情報データベース」に蓄積されたデータから、財務データが診断されます。

kaikei7_5

信⽤保証協会をはじめ、多くの⾦融機関が融資審査の際に使⽤するデータベースです。