「財務会計ソフトClearWorks」の主要スペックについて記載しています。「勘定科目体系」「データ件数」について。

会計ソフト

主要スペック

会計ワークスの主要スペックは以下の通りです。

勘定科目体系

分類 項目
法人 法人
個人 一般
不動産

データ件数

分類 項目 仕様
部門 部門 999,999部門(部門とグループ部門の合計)
※グループ部門は4階層まで
グループ部門
科目 勘定科目 999,999件
補助科目 制限なし
伝票/仕訳 伝票 999,999件(年間)
1伝票あたりの仕訳数 200仕訳
仕訳データ 999,999件×50仕訳(年間)
かんたん日報 日報登録数 999,999件(年間)
1日報あたりの明細件数 99件
会計-設定 かんたん辞書 99,999件
かんたん辞書 精算科目 10件
かんたん辞書 カスタム区分 10件
摘要辞書 99,999件
仕訳辞書 99,999件
伝票辞書 99,999件
販売連動科目 280件
給与連動科目 給与:31件、賞与:19件、単独年調:3件
固定資産 固定資産登録 制限なし

詳細や、費用などのお問合せはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

販売ワークスキャンペーン
給与ワークスキャンペーン

主要スペック TOPへ戻る
青色申告って何?/青色申告と白色申告がある/青色申告の目的とメリット/青色申告の最大のメリット/そのほかの特典/白色申告の記帳義務化