クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

給与計算ソフト 給与ワークス 初期設定マニュアル

目次

給与基本情報
社会保険(全体)
支給日カレンダー
平均労働時間
住民税納付先
社員振込先
社員支払方法
給与体系(明細項目)
賞与体系(明細項目)
社員給与(基本情報)
社員給与(給与設定)
社員給与(非課税通勤費等)
社員給与(社会保険)
社員給与(控除設定)
社員住民税
社員有給

給与基本情報

(事務ID)

1.設定

設定 → 設定 → 新給与設定へ
設定画面

2.給与設定

給与基本情報 →(画面遷移)
給与設定画面

給与の設定は「事務」権限のユーザIDで行ってください。

3.給与基本情報の設定

  1. 給与適用開始日
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  2. 給与振込元口座
    何も選択肢が出てこない場合は、取引銀行の登録を行ってください。
  3. 登録
  4. 給与設定に戻る

給与基本情報の設定

社会保険(全体)

(事務ID)

1.社会保険情報の設定

  1. 給与適用開始日
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    保険料率を変更する際は、変更する料率適用される給与支給日の設定を推奨します。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  2. 保険料率
  3. 登録
  4. 給与設定に戻る

社会保険情報の設定

支給日カレンダー

1.支給日カレンダーの作成

新規 支給日カレンダー
支給日カレンダーの作成

2.情報の登録

コード → 支給日カレンダー名 → 勤怠締日 → 支払月 → 登録
支給日カレンダーの情報を登録

3.詳細設定

  1. 新規 → 対象年 → 給与支給日 → 支給日を各月に設定する
    各月に同日が設定されます。土日祝日などを避ける場合は、個別に支給日を設定してください。
  2. 賞与と年調を設定する
  3. 登録
  4. 給与設定に戻る(画面上部)

支給日カレンダーの詳細設定

平均労働時間

1.労働時間名の登録

新規 平均労働時間 → コード → 平均労働時間名 → 登録
fkyuuyo6_1

fkyuuyo6_2

新規 → (画面還移)
fkyuuyo6_3

2.詳細設定

  1. 給与適用開始日
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  2. 1ヶ月平均労働日数 → 1日平均労働時間 → 1ヶ月平均労働時間 → 登録
  3. 給与設定に戻る(画面上部)

fkyuuyo7

住民税納付先

(事務ID)

1.地区コードの登録

新規 住民税納付先→地区コード → 検索 → 登録
地区コードが不明な場合は総務省のウェブサイトをご参照ください。
地区コードの登録

給与設定に戻る(画面遷移)
fkyuuyo8_2

社員振込先

(事務ID)

1.振込先口座の登録

  1. 社員コードを選択
  2. 振込元口座(会社)を選択
  3. 振込先口座(従業員)を選択
  4. 登録
  5. 給与設定に戻る(画面遷移)

社員振込先

社員支払方法

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 登録
  4. 給与設定に戻る(画面遷移)

支払方法の登録1

支払方法の登録2

給与体系(明細項目)

(事務ID)

1.明細項目の設定

  1. 新規
  2. コードを入力
  3. 給与明細名を入力
  4. 給与明細に表示させる勤怠項目を選択
  5. 給与明細に表示させる支給項目を選択
  6. 給与明細に表示させる控除項目を選択
  7. 登録
  8. 給与設定に戻る(画面遷移)

明細項目の設定

賞与体系(明細項目)

(事務ID)

1.明細項目の選択

  1. 新規
  2. コードを入力
  3. 賞与明細名を入力
  4. 賞与明細に表示させる支給項目を選択
  5. 賞与明細に表示させる控除項目を選択
  6. 登録
  7. 給与設定に戻る(画面遷移)

明細項目の選択

社員給与(基本情報)

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 生年月日を入力
    設定-共通-社員で登録した場合は自動入力されています。
  4. 登録
  5. 給与設定に戻る(画面遷移)

社員給与情報の登録1

社員給与情報の登録2

社員給与(給与設定)

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 単価項目、支給項目、控除項目などを入力
  4. 登録
  5. 非課税通勤費等(画面遷移)

社員給与設定1

社員給与設定2

社員給与設定3

社員給与(非課税通勤費等)

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 非課税通勤費などを入力
  4. 登録
  5. 社会保険(画面遷移)

非課税通勤費など登録

社員給与(社会保険)

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 標準月額(入力補助)を選択
  4. 等級設定をクリック
    標準報酬月額と保険料が自動入力されます。
  5. 資格取得日を入力
  6. 年齢と標準月額によって介護保険料が自動入力されています。

社員給与(社会保険)の登録

2.厚生年金・雇用保険の設定

7.厚生年金の等級と標準報酬月額が自動入力されています。
8.厚生年金保険の資格取得日を入力
9.厚生年金基金に加入していれば、資格取得日を入力
10.雇用保険に加入していれば、資格取得日を入力
11.登録(画面上部)
12.給与設定に戻る(画面上部)

厚生年金・雇用保険の設定

社員給与(控除設定)

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 新規
  2. 給与適用開始日を入力
    「設定情報を適用して計算する給与支給日」の設定を推奨いたします。
    給与ワークス導入当初は、はじめて給与計算を行う月の1日の設定でも問題ありません。
  3. 登録
  4. 給与設定に戻る(画面上部)

社員給与の控除設定

社員給与の控除設定2

社員住民税

(事務ID)

1.各月按分設定の登録

  1. 新規
  2. 地区コードを選択
    地区コード設定がされていない場合は、住民税納付先の設定を確認してください。
  3. 年税額を入力
  4. 各月按分設定をクリック
    各月の納税額が自動入力されます。
  5. 登録
  6. 給与設定に戻る(画面遷移)

各月按分設定の登録

社員有給

(事務ID)

1.基本情報の登録

  1. 勤続開始年月設定
  2. 設定-共通-社員で設定されていれば、自動入力されています。
  3. 登録

社員有給の登録

以上で日常の給与計算の入力が可能になります。

給与ワークスプチセミナー開催
給与ワークスキャンペーン

給与ワークス 初期設定マニュアル TOPへ戻る
個人への番号通知がいよいよ間近に迫ったマイナンバー制度。個人番号の取得・保管・利用・提供・廃棄の各プロセスでガイドラインに則った運用が求められ、マイナンバー情報は「特定個人情報」として違反すると罰則規定もある。重要性は認識しつつも、対応に頭を抱えている企業が多いのではないだろうか。対策として目を向けてほしいのが、クラウドサービスである。