クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

クラウドERPシリーズ

3-14 得意先グループの設定

1. 得意先グループの概要

得意先グループとは、販売形態等が同一条件の複数の得意先の売上データを一つの得意先に請求できる機能です。
納品先は支店や営業所に行い、請求は本社にする場合にご活用いただけます。

得意先グループの設定

(1)「得意先グループ」と「得意先」の違い

得意先グループは、得意先の売上データを請求するための取りまとめ先です。
納品先は支店や営業所に行い、請求は本社にするような例でいうと、

  • 得意先…………………支店、営業所
  • 得意先グループ………本社

という登録になります。
売上伝票等の起票時は「得意先」を選択する必要があり、売上起票時に「得意先グループ」を選択して伝票登録することはできません。
本社にも納品することがあり、その納品分も請求するという場合は、

  • 得意先…………………本社、支店、営業所
  • 得意先グループ………本社

という登録になります。

(2)得意先グループにまとめるための条件

得意先グループにまとめられる得意先は、販売形態が「掛け(都度)」であり、得意先グループと得意先の「締日グループ」「入金条件」「入金方法」「消費税計算方法、」「端数処理」がすべて同一であることが条件になります。

2. 得意先グループの登録手順

得意先グループの登録方法は、得意先の登録方法とほぼ同じです。
得意先グループは登録後に削除はできませんので、ご注意ください。

得意先グループの登録手順

■得意先グループコード 必須
半角13文字まで
・半角英数字(a~z、A~Z、0~9)
・半角ハイフン –
英字は大文字、小文字も別ものとして判断します。
登録したコードの修正・削除はできません。
※「得意先コード」と「得意先グループコード」は共通管理になるため、「得意先」「得意先グループ」のどちらかに使用しているコードは使用できません。

■得意先分類 必須
得意先グループが所属する得意先分類を選択します。
プルダウンには、「得意先分類」で登録した表示順の若い順に表示されます。

■得意先グループ名 必須
全角20文字(半角40文字)まで

■得意先グループ略称 必須
全角10文字(半角20文字)まで
※略称はClearWorks内の資料等で、得意先グループ名が長く表記ができない場合に用います。

■個人顧客
得意先グループ名の登録が個人顧客である場合にチェックをしてください。
帳票印刷時、得意先グループ名の敬称が「様」になります。チェックをつけない場合、得意先グループ名の敬称は「御中」です。
※下記項目の「得意先グループ担当者」に情報がある場合は、個人顧客のチェックの有無にかかわらず、得意先グループ名には敬称をつけず、得意先グループ担当者に敬称「様」が印字されるスタイルに切り替わります。

■郵便番号
半角数字 3桁 – 4桁

■住所
上段、下段それぞれ、全角22文字(半角45文字)まで

■得意先グループ担当者
全角25文字(半角40文字)まで
同項目に登録があると、請求書の宛名に印字します。

■電話番号(1、2)/FAX番号
半角15桁まで

■E-mailアドレス
全角64文字(半角128文字)まで
※現在、ClearWorksにはメール送信機能はありません。

■URI(URL)
全角128文字(半角256文字)まで
※現在、ClearWorksには、お客様先WEBサイトへのアクセスリンク等の機能はありません。

■この得意先を非表示
取引関係がなくなった得意先グループを、本設定画面の一覧表示等に表示させない時に、ここにチェックを入れて非表示化します。

■営業担当者 必須
得意先グループに対する自社の営業担当者を選択します。
プルダウンには、「共通」-「社員」に登録された社員の表示順が若い順に表示されます。

■販売形態 必須 得意先と同一条件の必要あり
「掛け(都度)」のみの対応になりますので、「掛け(都度)」をご選択ください。
※「掛け(都度)」以外を選択された場合は、取りまとめ請求が有効になりません。

■締日グループ 必須 得意先と同一条件の必要あり
本項目は、得意先所属設定時の条件チェックで使用します。
得意先と同一の締日グループでご設定ください。

■入金条件 必須 得意先と同一条件の必要あり
プルダウンには、「入金支払条件」に登録されている表示順の若い順に表示されます。
得意先と同一の入金条件でご設定ください。

■入金方法 必須 得意先と同一条件の必要あり
「現金」「普通預金」「当座預金」「手形」「相殺」「口座振替」「その他」から選択します。
得意先と同一の入金方法でご設定ください。

■消費税計算方法 必須 得意先と同一条件の必要あり
「外税(伝票計)」「外税(請求時)」「内税」「免税」から選択します。
得意先と同一の消費税計算方法でご設定ください。

■端数処理 必須 得意先と同一条件の必要あり
「切捨て」「切上げ」「四捨五入」から選択します。
得意先と同一の端数処理でご設定ください。

■引落設定
『3.8 得意先登録の3.「引落設定」の設定方法』をご参照ください。

3. 「得意先所属設定」の登録と所属設定の確認方法

得意先所属設定で、得意先グループと得意先を紐づけます。

「得意先所属設定」の登録と所属設定の確認方法

(1)所属設定の登録方法

  1. 画面下部の設定領域の得意先グループのプルダウンで、得意先グループ名を選択します。
    プルダウンには、「得意先グループ」で登録した表示順の若い順に表示されます。
  2. 選択した得意先グループに所属させたい得意先を、下部の得意先コードで選択します。
    得意先コードがわかる場合は、コードを入力してGoボタンをクリックしてください。
    得意先コードがわからない場合は、Goボタンの横にある「検索」ボタンをクリックすると、得意先検索画面が表示されますので、設定したい得意先の得意先コードをクリックしてください。
  3. 得意先を選択後、画面右下の「登録」ボタンをクリックします。
    ※所属させる得意先を2~3の手順で登録します。

(2)得意先グループに所属している得意先の確認

  1. 表示方法
    画面上部の表示領域の得意先グループのプルダウンで、得意先グループを選択し、「表示」ボタンをクリックします。
    得意先グループに所属設定のある得意先が表示されます。
    得意先グループに所属している得意先の確認 表示方法

  2. 所属設定の解除
    上記2の手順で得意先グループに所属している得意先を表示します。
    得意先グループからの所属設定を解除したい得意先の選択欄のチェックを入れて、「グループ解除」ボタンをクリックしてください。
    意先グループに所属している得意先の確認 解除