クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

クラウドERPシリーズ 3-2 販売ワークスの設定項目

「システム管理」と「共通」の設定が完了したら、次にワークスごとの基本情報とマスタ情報の登録を行います。
販売ワークスの設定項目は、「設定」画面の中央にご用意しています。一番上の基本情報から順に設定します。

販売ワークスの設定項目

■販売基本情報 必須
年表示形式や単価・数量の小数点以下桁数、帳票印刷に関する情報など、販売ワークスで使用する基本情報の設定を行います。

■締日グループ
取引サイクルの締日を作成します。取引形態が「掛け(締め)」の得意先・仕入先で使用します。
初期値の設定があります。

■入金支払条件
得意先からの入金、仕入先への支払の条件を設定します。取引形態が「掛け(締め)」、「掛け(都度)」の得意先・仕入先で使用します。
初期値の設定があります。

■得意先分類 必須
得意先を分類することによって得意先の検索、画面表示、集計などを効率的に行います。
一つ以上の設定が必要です。

■仕入先分類 必須
仕入先を分類することによって仕入先の検索、画面表示、集計などを効率的に行います。
一つ以上の設定が必要です。

■商品分類 必須
商品を分類することによって商品の検索、画面表示、集計などを効率的に行います。
初期値でシステム固有の設定を持つ「値引」「立替金」の設定があります。

■得意先
自社の顧客を登録します。

■仕入先
自社商品の仕入先を登録します。

■商品
自社商品を登録します。
初期値では、システム固有の設定を持つ「値引」「立替金」をご用意しています。

■委託者(口振)
入金方法に口座振替を利用する場合に、口座振替の引落データ作成時で使用する委託者の設定を行います。
委託者は、取引形態が「掛け(都度)」で、入金方法が「口座振替」の売上伝票の引落データの作成を利用する場合に設定が必要になります。口座振替として対応しているのは、「全銀フォーマット」「信金フォーマット」になります。

■得意先グループ
複数の「掛け(都度)」の得意先の請求データを一つにまとめて、得意先グループに請求する際の取りまとめ先となる得意先グループの情報を登録します。
たとえば、納品は各支店・営業所に行い、請求は本社に行う取引先がある場合で、各支店・営業所を得意先(子)とし、本社を得意先グループ(親)として紐づけて運用します。


3-2 販売ワークスの設定項目 TOPへ戻る
クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。