クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

クラウドERPシリーズ 3-10 得意先・仕入先画面の「補助科目」の設定

1. 得意先・仕入先登録項目の「補助科目」設定の必要・省略の判断

同設定は、会計ワークスと販売ワークスをご利用で、「販売連動」をご利用いただく際の連動設定の項目の一つです。

  • 販売連動をご利用にならない場合は、同項目の設定の必要はありません。
  • 販売連動をご利用の場合でも、得意先・仕入先を補助科目として使用しない会計処理であれば、同設定の必要はありません。
  • 会計ワークスの設定項目「販売連動設定」で、『取引先を借方補助科目に使用する』または『取引先を貸方科目補助科目に使用する』にチェックがついている場合は、同設定が必須になります。

2. 設定方法

本設定は、自社の経理担当者とご確認の上、ご設定ください。
得意先・仕入先にある補助科目では、
・新規の補助科目を設定する(自動的に会計ワークスの補助科目にも登録されます)
・すでに会計ワークスに登録がある補助科目と得意先・仕入先を紐づける
以上のどちらの設定も可能です。
得意先・仕入先の「補助科目」ボタンは、得意先コード・仕入先コードが確定している状態で登録が可能になりますので、ご設定の際は得意先・仕入先を一度登録のうえ、下記の手順でご設定ください。

※得意先・仕入先の補助科目の設定操作は同じです。下記では、得意先の画面で操作方法をご案内します。

(1)新規登録

  1. 「得意先」画面の左上のプルダウンで得意先分類を選択し、表示ボタンをクリックします。
  2. 表示された得意先一覧の表示順の青い数字をクリックし、登録情報を画面下部に表示します。
  3. 得意先の情報が表示されたら、「補助科目」ボタンをクリックします。
    別ウィンドウで「得意先-補助科目設定」が開きます
    得意先-補助科目設定
  4. 「得意先-補助科目設定」の画面下部にて、得意先のデータの連携先となる勘定科目を選択します(※)。
    得意先・仕入先の「補助科目」ボタンから、親科目に設定できる補助科目は1つです。

    ※勘定科目の選択の注意点
    一般的な会計では、次のような勘定科目に紐づきます。
    自社の経理担当と確認し、適切な勘定科目をご選択いただけますようお願いします。
    ・得意先の売上:「売掛金」「売上高」
    入金:「現金」「口座情報(取引銀行に登録した銀行情報)」、「受取手形」など
    ・仕入先の仕入:「買掛金」「仕入高」
    支払:「現金」「口座情報(取引銀行に登録した銀行情報)」、「支払手形」など

  5. 「対応する補助科目」項目で補助科目を設定します。
    ・「新規」の場合:コード(補助科目コード)と科目名(補助科目名)を登録します。
    コードを省略した場合、親科目に対して自動で採番します。親科目にある他の補助科目で使用されている一番後ろの番号の次番号を採番します。補助科目名は、全角・半角に関わらず20文字までです。初期値は得意先略称が表示されますので、必要に応じて修正ください。
    ・「既存」の場合:プルダウンから補助科目を選択します(会計ワークスの設定の「補助科目」に登録されている補助科目がプルダウンに表示されます)。
  6. 「得意先-補助科目設定」画面右下の「登録」ボタンをクリックします。
    画面上部に設定した情報が表示されます。
    対応する補助科目を「新規」で登録した場合は、会計ワークスの設定にある「補助科目」にも補助科目を自動登録します。
    この時、親科目に対し、同一名称の補助科目がある場合は、下図の確認メッセージが表示されます。
    使用済み補助科目
    既存の補助科目を確認し、それに紐づける場合は、「既存」の設定で登録をし直してください。

例)得意先で「売掛金」と「売上高」に補助科目を設定した場合

得意先で「売掛金」と「売上高」に補助科目を設定した場合

(2)変更

得意先・仕入先の「補助科目」から、設定済みの補助科目名は変更できません。会計ワークスの設定の「補助科目」で修正をいただく必要があります。会計ワークスの設定「補助科目」で補助科目名を変更すると、本画面の補助科目設定にも自動反映します。
得意先・仕入先の補助科目での変更は、現在設定中の補助科目ではない補助科目に変更する時に行います。
・新規:現在設定中の補助科目ではない補助科目名を入力し、「登録」ボタンをクリックすると、それまで設定していた補助科目と入れ替わります。
・既存:プルダウンより、新たに設定する別の補助科目を選択し、登録ボタンをクリックします。

(3)削除

販売連動の際の仕訳データに得意先・仕入先の「補助科目」表示をやめる時に、補助科目設定の「削除」をクリックすると、設定が解除されます。
登録済みの得意先・仕入先の「補助科目」を削除しても、会計ワークスの設定の「補助科目」が削除されるわけではありません(会計ワークスの設定の「補助科目」でも、過去に1つでも使用されている仕訳伝票があると削除ができません)。

ワンポイント
  • 会計ワークスの設定項目「販売連動設定」で各パターンの利用条件として、『取引先を借方補助科目に使用する』または『取引先を貸方科目補助科目に使用する』にチェックがついていない場合でも、得意先・仕入先の補助科目の設定があれば、補助科目のある仕訳データが生成されます。
  • 「販売連動設定」の条件で『取引先を借方補助科目に使用する』・『取引先を貸方科目補助科目に使用する』の両方にチェックがある連動の運用では、得意先・仕入先で、借方科目・貸方科目のそれぞれへの補助科目の設定が必要になります。

3-10 得意先・仕入先画面の「補助科目」の設定 TOPへ戻る
クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。