会計ワークスの設定に関するオンラインマニュアルです。【設定 -会計-】オンラインマニュアル 3-5 補助科目の設定

クラウドERPシリーズ 3-5 補助科目の設定

勘定科目に補助科目の設定が必要な場合に登録します。

補助科目の設定
ワンポイント
  • 「取引銀行」で、初回登録する金融機関情報は、勘定科目の口座種別(普通預金、当座預金)に金融機関名・支店名が補助科目として自動登録されます。
  • 販売ワークス、給与ワークスは「取引銀行」の登録が必須になりますので、会計ワークスとあわせて販売ワークス、給与ワークスのご契約がある場合には、先に「取引銀行」での金融機関口座の登録をお願いします。

1 登録されている補助科目すべてを確認する方法

補助科目の画面にアクセスした直後は、すでに登録されている補助科目があっても一覧に自動表示しません。
画面左上の「科目」のプルダウンで「全て」または指定の勘定科目を選択し、画面右上の「表示」ボタンをクリックすると、登録されている補助科目を確認することができます。
また、画面右上の「非表示も表示」にチェックを入れて「表示」ボタンをクリックすると、

  • 勘定科目が非表示化されているおり、それに紐づく補助科目
  • 非表示になっている補助科目
を含めた、登録されているすべての補助科目を確認することができます。

登録されている補助科目すべてを確認する方法

※会計基本情報で建設科目をご選択していない場合でも、補助科目画面で「非表示も表示」とした場合は、勘定科目「未完成工事支出金」にご用意している初期値の補助科目が表示されます。

2 補助科目の新規登録

画面下部が新規登録の入力領域です。補助科目の画面にアクセスした直後は、新規入力ができる状態です。新規登録の場合は、画面右上の「新規」ボタンをクリックしてから、画面下部の入力領域のご登録を推奨します。
補助科目のご登録項目はすべて必須です。

補助科目の新規登録

■コード
半角数字9桁以内
先頭0(ゼロ)登録はできません。
同一の親科目内で重複するコードの登録はできません。親科目が違う場合は、同じコード(番号)が設定できます。

■親科目
勘定科目をプルダウンから選択します。
「勘定科目」画面で、該当科目を非表示にしていると、プルダウンに表示されません。

■補助科目名
推奨:全角10文字以内(※)
最大:全角半角問わず20文字
※帳票によって印字できる文字数幅に制限があり、すべてを表示・印字できないことがあります。

3 補助科目の修正・削除

(1)修正・非表示化

登録済みの補助科目を修正する場合、または非表示にする・非表示を解除する場合は、一覧のNo.の青い数字をクリックすると、画面下部の入力領域に登録情報が表示されます。修正後、画面右下の「登録」ボタンをクリックすると、修正内容が反映されます。

補助科目の修正

(2)削除

補助科目は、残高がなく、過去に一度も使用していない場合に削除することができます。
次の場合は削除ができません。

  • 残高がある
  • 現在期の残高がゼロでも過去の会計期で使用がある
    (前期に数値があり、当期でゼロにした場合は、過去の会計期に使用がある条件に該当するため削除できません)

削除方法は2つあります。
一覧のNo.の青い数字をクリックし、画面下部の入力領域に登録情報が表示した状態で、画面右下の「削除」ボタンをクリックするか、一覧のNo.の横のチェックボックスにチェックし、画面右上の「V 削除」をクリックします。

補助科目の削除 補助科目の削除

削除できない補助科目では、次の確認メッセージが表示されます。

確認メッセージ

【設定 -会計-】オンラインマニュアル


3-5 補助科目の設定 TOPへ戻る
会計ワークスの設定に関するオンラインマニュアルです。【設定 -会計-】オンラインマニュアル 3-5 補助科目の設定