販売ワークスをご利用される際に必要な、基本情報のご案内です。必ず「販売基本情報」を最初に登録する必要があります。この登録作業が完了致しませんと、販売ワークスの日常機能を利用することができません。記入例や必要な情報が記載されております。

クラウドERPシリーズ

販売基本情報を登録しよう

販売ワークスを利用する場合、必ず「販売基本情報」を最初に登録する必要があります。この登録作業が完了致しませんと、販売ワークスの日常機能を利用することができません。


「設定」-「販売」-「販売基本情報」をクリックしてみましょう。
このメニューでは、主に下記の内容を登録します。

  1. 【基本情報】
    年の表示を西暦か和暦か選択します。
  2. 【商品情報】
    単価・数量の小数点桁数と原価評価区分を選択します。
  3. 【販売情報・仕入情報】
    得意先・仕入先マスタ登録における初期値の登録を行います。
  4. 【伝票情報】
    伝票No.を自動採番かマニュアル(手入力)か、伝票毎に設定します。
  5. 【印刷情報】
    各伝票の印刷を行う際に控えを同時に出力するか、伝票毎に設定します。
  6. 下記の内容で基本情報を登録しましょう。

    販売基本情報1

    販売基本情報2

    原価評価区分とは?

    “粗利計算単価”及び“在庫評価単価”は、ここで選択した評価方法によって算出されます。
    原単価と在庫一覧の価格にだけ反映がされ、商品マスタの仕入価額が変更されることはありません。評価方法は2種類です。

    1. 総平均法 :
       期首繰越分も含めた1ヶ月間の純仕入額を純仕入数量で割って計算された単価を原単価として使用
      総平均法3
    2. 最終仕入法 :
       その月の最終日付で仕入れた時の仕入単価を原単価として使用

    印刷情報のCSV出力フォームとは?

    販売ワークスではA4単票の罫線付きの請求明細書で出力ができます。その他の形式やドットプリンタで出力をしたい場合、CSV出力をすることで別の書式で出力できます。
    その際の出力形式が、請求明細書形式か合計請求書形式か選択した形式で出力されます。

    事業区分とは?

    販売ワークスでは、簡易課税対応機能として売上に関して“事業区分”を指定することができます。指定することにより、「売上総括表」で事業区分別の売上集計が可能になります。
    この基本情報で設定する事業区分が販売での初期値となります。
    また、商品マスタにて商品毎に事業区分の設定をすることや、売上登録の際に売上明細行毎に事業区分を指定することもできます。
    本則課税や消費税免税事業所などで、事業区分別の売上総括表が
    必要でない場合は、事業区分は初期値の“不明”のままにしておきます。

    ワンタイム機能とは?

    ワンタイムの設定を許可にすると、台帳登録されていない得意先・仕入先・商品が伝票画面でダイレクトに入力することが可能となります。1回限りの取引の入力時に便利です。

    社印印影とは?

    社印の透過画像を設定することで、販売で利用する請求書などに社員印字した形で出力することが出来ます。

    ご利用ガイドメニュー

    設定

    販売の設定

    販売ワークス(日常業務)