販売ワークスに様々な情報を登録する上で、売上を例に基本的な登録方法をご案内いたします。販売ワークスの入力方法は、どの伝票もほぼ同じです。売上を例に、基本的な登録を覚えましょう。記事中に記入例、注意点を掲載しております。ご参照ください。

クラウドERPシリーズ

売上登録をしてみよう

販売ワークスの入力方法は、どの伝票もほぼ同じです。
売上を例に、基本的な登録を覚えましょう。

【売上登録1】
販売-売上・仕入-売上登録をクリックしてみましょう。
売上登録1

下記の内容の取引を入力してみましょう。
売上登録2

【画面上部 得意先情報部分】
5-4_3

○売上日を入力します。
○得意先を指定します。

  • 得意先コードがわかっている場合→コードを入力してGOボタンをクリック
  • 得意先コードがわからない場合→検索ボタンをクリックすると、得意先検索というダイアログボックスが表示されますので、得意先分類を指定して検索し、該当する得意先の得意先コードをクリックすると、伝票に反映されます。
    得意先名を入力する欄にある検索ボタンをクリックしても得意先検索が表示されま
      す。
  • ○得意先を指定すると、部門、営業担当者、請求等の部分は、得意先で登録した情報が表示されます。

Point
通常は得意先で登録した初期値のまま登録をすすめますが、単発で住所や担当者、取引形態等を変更する必要がある場合は、売上詳細登録ボタンをクリックすると右図の画面が表示されますので、ここで変更します。
5-4_4

【画面中央部 明細入力/画面下部 取引内容表示部分】
5-4_5

○明細入力部分に商品を入力します。

  • 商品コードがわかっている場合→コードを入力してGOボタンをクリック
  • .商品コードがわからない場合 →検索ボタンをクリック、商品分類を選択するダイアログボックスが表示されますので、商品分類を指定して検索し、該当する商品の商品コードをクリックすると、伝票に反映されます。

○商品を指定すると、商品登録した商品名や単位、原価等の情報が表示されます。
○数量を入力します。単価の変更があれば、直接変更もできます。
○一つの明細入力が終わったら、必ず「追加・修正」ボタンをクリックして下さい。「追加・修正ボタン」を押すことで、取引内容表示部分に表示されます。
○取引する情報をすべて入力したら、最後に必ず画面上部の登録ボタンをクリックして下さい。

Point

  • 「追加・修正ボタン」は、明細行の登録ボタンになります。
  • 画面上部の登録ボタンは、伝票全体の最終的な登録となります。この登録ボタンをクリックしないと最終的な登録がされませんのでご注意下さい。
  • 明細行の修正を行う場合は、行番号をクリックします。該当明細が明細入力部分に表示されますので、修正をしたのち、追加・修正ボタンをクリックして下さい。
  • 数量・単価は0でも登録ができます。(0は必ず入力する必要があります)
  • 見積・受注・売上・発注・仕入の登録画面には、2つの削除ボタンがあります。機能が異なりますので注意して下さい。

登録した売上伝票を呼び出し、印刷してみましょう。
5-4_6

  • 売上登録の画面で「前へ」ボタンをクリックすると、直前に登録した情報が表示されます。
  • 画面右上にある「印刷」ボタンをクリックすると、右のようなメッセージが表示されますので、OKをクリックします。
  • Adobe Acrobat Reader が起動して印刷する帳票が表示されます。入力した情報に間違いがないか確認して下さい。

5-4_7

Point

  • 取引形態により、売上登録画面で印刷ボタンを押した時に印刷される帳票が異なります。
  • 5-4_8

  • 販売単価は得意先マスタで登録されている単価が自動的に表示されますが、明細ごとでも手修正が可能です。

ご利用ガイドメニュー

設定

販売の設定

販売ワークス(日常業務)