見積登録の方法のご案内です。基本の手順から応用の手順が掲載してあります。見積へコピー、受注へコピー、売上へコピーが可能なボタンがあり、記事中には記入例と注意点を挙げておりますので、ご参照ください。

クラウドERPシリーズ 見積登録をしてみよう

見積登録を行いつつ、値引きしてみましょう。
見積登録1

Point

  • 値引や送料などの立替金も、商品マスターに商品として登録を行う必要があります。商品分類・商品マスタには、初期値で値引、送料(立替金)が登録されています。別途必要な場合は作成して下さい。
  • 値引や立替金の入力は下記のようにご利用下さい。
    • 値引きや立替金の入力2

【見積登録-応用編】
見積登録画面には3つのコピーボタンが存在します。

  1. 見積へコピー
  2. 受注へコピー
  3. 売上へコピー

2・3は他の伝票へリレーコピーを行うことで、作業的軽減が図れます。
(次項で作業)

1は見積書を見積書へコピーする機能です。
この「見積へコピー」には2つのコピー方法があります。

  • 雛形新規作成タイプ
    これは、他の伝票(受注・売上・発注・仕入)でも採用されている機能です。日常業務において、類似する取引が発生した場合に1から入力するのではなく、過去の同様の取引を利用することで、入力作業の軽減が図れます。この雛形コピー機能は、登録済みの伝票をコピーして同じ内容の新しい伝票を簡単に作成できます。必要に応じて変更作業を行って下さい。

雛形3
作業としては、コピーしたい伝票を画面へ表示 して「見積へコピー」をクリックすると、次のダイアログボックスが表示されますので、「キャンセル」ボタンをクリックします。
見積へコピー4

部分訂正再作成タイプ(見積登録だけのコピー機能)
見積のみにある特殊な機能です。他の伝票と異なり伝票番号に枝番管理機能があります。このコピーにより、見積を何度も行った場合の履歴が管理できます。
コピー方法は、コピーしたい見積を画面へ表示して「見積へコピー」をクリックして表示されるダイアログボックスで「OK」ボタンをクリックします。
部分訂正再作成5

【見積→受注登録へ】
見積から受注伝票へコピーしてみましょう。

  • 見積登録で該当する見積を画面に表示させます。
  • 画面上部にある「受注へコピー」ボタンをクリックします。確認画面が表示されたらOKボタンをクリックして下さい。
  • 受注登録画面に画面が切り替わります。見積から受注時で修正する点があれば修正します。
  • 受注の内容を確認して画面上部の登録ボタンをクリックします。

受注登録6

Point

  • 見積から受注へコピー(売上へコピーも同様)を行った場合、コピー元の見積書の状態は次のように自動的に変更されます。
  • 受注登録ポイント7

  • ClearWorksでは受注登録より、「注文請書」を印刷することができます。必要に応じてご活用下さい。

【受注→売上登録へ】

受注から売上伝票へコピーしてみましょう。

  • 受注登録で該当する受注伝票を画面に表示させます。
  • 画面上部にある「売上へコピー」ボタンをクリックします。確認画面が表示されたらOKボタンをクリックして下さい。
  • 売上登録画面に画面が切り替わります。修正する点があれば修正します。
  • 売上の内容を確認して画面上部の登録ボタンをクリックします。

売上伝票にコピー8

Point

  • 受注から売上へコピーを行った場合、コピー元の受注の状態は次のように自動的に変更されます。
  • コピー元の受注状態9

  • 同様に仕入では、発注から仕入へコピーを行った場合は、[発注残]→[仕入計上済]へ変更されます。
  • 一部出荷(販売)、一部入荷(仕入)には対応していませんのでご注意下さい。

【売上登録2】
下記の入力を行ってみましょう。
売上登録10

Point

  • 得意先マスタで販売単価ランクと販売掛率を初期値で設定していますが、明細行毎に変更することができます。
  • 単価変更ボタンをクリックして掛率を変更することで、今回の取引のみその金額で取引を行えます。
  • 過去に該当する商品の販売単価履歴がれば、過去の履歴も確認できます。
  • 今回登録した秋田商店は「掛け(都度)」の得意先です。売上登録より印刷を行うと「納品書と請求書」が出力されることを確認してみましょう。「掛け(都度)」の場合は、納品時に同時に請求を行います。

【売上登録3】

下記の入力を行ってみましょう。
売上登録11

注意
返品の登録とする場合は、必ず数量をマイナスで入力します。ClearWorksでは売上・仕入の動きにあわせて、商品の在庫管理を同時に行っています。返品があった場合には、必ず数量をマイナスで入力し、在庫数があうように処理する必要があります。
売上登録した伝票を直接修正することもできますが、締めをまたいでしまうなどの事情で、該当する売上伝票を修正できない場合や、売上履歴を正確に残したい場合に、売上数量をマイナス登録する返品処理を行ってください。

【売上登録4】
下記の入力を行ってみましょう。
売上登録12
得意先マスタで取引形態を「掛け(締め)」とした先においても、取引登録ごとに取引形態を変更することができます。
売上詳細入力ボタンをクリックして表示されるダイアログボックスで、取引形態を変更します。この時、消費税計算方法は自動的に「外税(伝票計)」に変更されませんが、伝票計で計算されます

売上登録13

Point

入金予定日や入金方法が異なる取引がある場合も同様の操作で変更することで、入金予定へ反映されます。
また、販売メニューでの原単価・原価金額・販売金額は自動計算です。手入力できませんのでご注意下さい。

【一覧表】
見積・受注・売上それぞれのメニューに一覧表を用意しています。
ここでは、売上一覧表を例にご説明します。

販売-売上-売上一覧表をクリックし、表示したい期間を指定して「表示/更新」ボタンをクリックします。

一覧表14

Point

  • 伝票登録画面では、表示されている伝票のみの印刷しかできませんが、一覧表より一括印刷することも可能です。一括印刷を行いたい納品書・請求書のチェックボックスへチェックを入れます。納品書印刷ボタンをクリックすると、チェックの付いているものが一括印刷されます。全選択ボタンを使用すると全てのチェックが付きます。また、一括削除もこの画面より行うことができます。(チェックが付いているものが削除対象です)
  • ClearWorksではA4単票罫線ありで全ての帳票が出力されます。帳票のレイアウトの変更は機能的に持っていません。
  • 複写伝票などの発行を行いたい場合は、該当するデータのCSV出力を行い、市販の印刷ソフトなどへデータを取り込んでいただくことができます。

ご利用ガイドメニュー

設定

販売の設定

販売ワークス(日常業務)


見積登録をしてみよう TOPへ戻る
見積登録の方法のご案内です。基本の手順から応用の手順が掲載してあります。見積へコピー、受注へコピー、売上へコピーが可能なボタンがあり、記事中には記入例と注意点を挙げておりますので、ご参照ください。