入金処理を行うための登録のご案内です。販売処理は請求処理だけではなく、請求した金額がきちんと回収されているかどうかという事も重要になります。販売ワークスを使用している場合は、基本的に回収登も販売側で処理を行います。記事をご参照ください。

クラウドERPシリーズ 入金登録をしよう

販売処理は請求処理だけではなく、請求した金額がきちんと回収されているかどうかという事も重要になります。販売ワークスを使用している場合は、基本的に回収登も販売側で処理を行います。

Point

  • 販売ワークスでは売上登録されている取引形態により、入金処理を行うメニューが異なってきます。
  • 入金処理1

  • 上記入力は、販売ワークスを導入時から必要になる作業になりますが、得意先マスタへ登録した売掛金開始残高に対する入金は、掛け(都度)の売掛残高であっても「締め入金登録」にて処理を行って下さい。(仕入も同様)

【締め入金登録】

販売-入金-締め入金登録をクリックして下記の入金を登録してみましょう。
締め入金登録2

  1. 入金日を設定します。
  2. 得意先を指定します。(検索方法は売上登録時と同じ)
    得意先を指定すると、部門や営業担当者が自動的に表示されます。(変更可能です)
  3. 入金方法を指定します。
  4. 締め入金登録3

  5. 1明細入力が終わったら、必ず“追加・修正”ボタンをクリックして下さい。
    追加・修正ボタンを押すことで、取引内容表示部分へ表示されます。
  6. 複数明細行、入力する場合は3〜4を繰り返します。
  7. 後に必ず画面上部の登録ボタンをクリックして下さい。

締め入金登録4

Point

  • 画面下部に表示される請求情報は、「入金日」が請求期間内のものが1行目に表示され、この請求に対する入金として処理されます。(今回入金額へ表示されます)
  • 相殺処理は自動では行われません。それぞれ相殺処理を行いたい取引の「入金処理」と「支払処理」の両方で、相殺の入金伝票・支払伝票の登録を行う必要があります。
    この処理を行うことにより販売連動で会計への仕訳は以下のような形で処理されます。
    締め入金登録5
    この処理はあくまでも初期値です。設定にて連動科目の変更を行っている場合は、設定科目にて連動されますのでご注意下さい

【都度入金登録】

都度入金登録では、該当する取引を選択して消込む機能があります。

  1. 入金日を設定します。
  2. 得意先を指定します。(検索方法は売上登録時と同じ)得意先を指定すると、部門や営業担当者が自動的に表示されます。(変更可能です)
  3. 入金方法を指定します。
  4. 1明細入力が終わったら、必ず「追加・修正」ボタンをクリックして下さい。 追加・修正ボタンを押すことで、取引内容表示部分へ表示されます。
  5. 複数明細行、入力する場合は③~④を繰り返します。
  6. 明細行の入力が終了したら、今回の入金に該当する売上の消込みを行います。まず「取引」部分にチェックを入れます。複数売上に対して入金がある場合は、該当のものに全てチェックを入れて下さい。入金と売上の金額が一致して差額が「0」になった時は、「完了」にもチェックを入れて下さい。チェックを入れることにより、以後都度入金登録画面に表示されなくなります。
  7. 後に必ず画面上部の登録ボタンをクリックして下さい。

5-6_6

ご利用ガイドメニュー

設定

販売の設定

販売ワークス(日常業務)


入金登録をしよう TOPへ戻る
入金処理を行うための登録のご案内です。販売処理は請求処理だけではなく、請求した金額がきちんと回収されているかどうかという事も重要になります。販売ワークスを使用している場合は、基本的に回収登も販売側で処理を行います。記事をご参照ください。