請求明細書の構成のご案内です。「掛け(締め)」の取引先に対して1ヶ月分まとめた請求明細書を発行します。締め請求書を発行する「請求明細」。「請求書一括印刷」掛け(締め)の取引を行った取引先に対して、締め日グループごとに請求書を一括発行します。他「請求一覧表」のメニューがあります。

クラウドERPシリーズ 請求明細書を確認しよう

販売-請求では、「掛け(締め)」の取引先に対して1ヶ月分まとめた請求明細書を発行します。メニュー構成は以下の通りです。

  1. 請求明細
    掛け(締め)の取引を行った得意先に対して、締め請求書を発行します。
  2. 請求書一括印刷
    掛け(締め)の取引を行った取引先に対して、締め日グループごとに請求書を一括発行します。
  3. 請求一覧表
    締め請求書の鑑の部分を一覧で表示します。

【請求明細】
請求明細は、得意先1件を指定して当該得意先に対する指定月度の請求明細書を確認・発行できるメニューです。
請求明細1

Point

  • 掛け(締め)の請求明細は、請求締日として“月度の指定”のみになります。得意先マスタで登録された締日グループで、自動的に1ヶ月間の集計を行います。
  • 請求明細を印刷すると請求処理が行われたとして、システムが請求済みと自動的に認識し、得意先元帳画面の請求欄に“済”と表示されます。
  • 販売ワークスでは、得意先・仕入先マスタで消費税の設定が外税(請求時)に設定されている場合であっても、締め処理を行わない時点で元帳等へ掛け(都度)で登録した取引は、締めの請求明細には含まれないことを確認して下さい。

【締め請求書一括印刷】
取引先が多い場合は、「締め請求明細」で請求処理を行うよりも「締め請求書一括印刷」にて処理を行う方が便利です。
一括印刷の場合、その月度の同一締日グループの得意先請求情報を表示させます。

  1. 得意先名の前にあるチェックボックスにチェックを入れて下さい。表示されているすべての得意先を選択したい場合は、画面下部にある「全選択」をクリックすることで全選択できます。
  2. チェック後、請求書印刷ボタンをクリックすると、請求明細と同形式の書式で印刷されます。

請求書一括印刷2

Point

  • 販売ワークスではA4単票罫線ありで全ての帳票が出力されます。帳票のレイアウトの変更は機能的に持っていません。
  • 複写伝票などの発行を行いたい場合は、CSV出力を行い市販の印刷ソフトへデータを取込んでご対応ください。
  • CSV出力の方法は、上記の一括印刷の手順で「CSV出力」ボタンをクリックすると、チェックの付いている伝票が一括でエクスポートされます。

【請求一覧表】

請求日に該当する期間を指定することで、請求情報の一覧表を表示できます。「都度請求も表示する」にチェックを入れることで、都度請求分も含めて表示が可能です。

販売-請求-請求一覧表を表示してみましょう。(都度請求も表示させます)
請求一覧表3

Point

  • 番号部分をクリックすることで、内容の表示がされます。
  • 請求一覧表4

  • 請求一覧表や入金予定一覧表で表示される「入金予定日」は、売上登録の「売上詳細登録」ボタンで設定されている入金予定日が反映されて集計されています。予定と異なるような場合は、該当伝票を呼び出した上で売上詳細登録内の入金予定日を変更して下さい。

ご利用ガイドメニュー

設定

販売の設定

販売ワークス(日常業務)


請求明細書を確認しよう TOPへ戻る
請求明細書の構成のご案内です。「掛け(締め)」の取引先に対して1ヶ月分まとめた請求明細書を発行します。締め請求書を発行する「請求明細」。「請求書一括印刷」掛け(締め)の取引を行った取引先に対して、締め日グループごとに請求書を一括発行します。他「請求一覧表」のメニューがあります。