仕入業務の処理の手順のご案内です。仕入タブの中には「発注・仕入」が用意されており、仕入業務の処理が行えます。処理操作も資料関係もほぼ販売と同様です。参考情報と注意点を記事中に記載してあります。記事をご参照ください。

クラウドERPシリーズ 仕入業務の処理をしよう

仕入タブの中には「発注・仕入」が用意されており、仕入業務の処理が行えます。処理操作も資料関係もほぼ販売と同様です。

仕入業務1

下記の入力を行ってみましょう。(仕入価格は全て初期表示のまま)

仕入業務2

Point(支払)

振込支払を行う場合、手数料が発生する可能性が高いです。 処理は以下のようになります。5-10_3

Point

仕入メニューへ戻る場合、販売ワークスタブをクリックしてしまうと「販売-販売」メニューへ戻ってしまいます。
仕入作業を行っていて「販売-仕入」メニューへ戻りたい場合は、システムタブではなく画面左上の販売リンク部分をクリックします。

仕入業務4

【参考】
【販売インポート機能】
販売ワークスでは販売インポート機能として、CSVフォーマットで作成された売上データ及び仕入データをシステムにインポートすることが可能です。
販売インポートシートは、弊社サイトhttp://www.clear-works.jpのユーザ専用ページに用意しております。ダウンロードしてご利用下さい。
(CSV形式ファイルです)
また、インポートシート作成の詳細として「販売インポートシート説明.xls」をご用意しておりますので、必須条件や入力制限等を確認の上作業を行って下さい。

【注意】
売上登録・売上一覧表画面でCSV出力されるファイルは、インポート可能な 形式と異なるため、そのまま取込ことはできませんのでご注意下さい。 また、取込は上書き処理にはなりません。重複して取込を行わないように 気を付けて下さい。

ご利用ガイドメニュー

設定

販売の設定

販売ワークス(日常業務)


仕入業務の処理をしよう TOPへ戻る
仕入業務の処理の手順のご案内です。仕入タブの中には「発注・仕入」が用意されており、仕入業務の処理が行えます。処理操作も資料関係もほぼ販売と同様です。参考情報と注意点を記事中に記載してあります。記事をご参照ください。