「会計基本情報」の登録手順のご案内です。会計ワークスを利用する場合、最初に「会計基本情報」の登録が必要です。この登録が完了しないと、会計ワークスの日常機能を利用することができません。記事中に記入例と注意点が記載されておりますのでご確認ください。

クラウドERPシリーズ 会計基本情報を登録しよう

会計ワークスを利用する場合、最初に「会計基本情報」の登録が必要です。
この登録が完了しないと、会計ワークスの日常機能を利用することができません。

会計-会計基本情報をクリックしてみましょう。
このメニューでは、主に下記の内容を登録します。

  1. 【会計運用面での設定】
    製造科目の使用の有無や伝票番号付番方法などを設定します。
  2. 【入力項目】
    プロジェクト・セグメント1・セグメント2を使用するかを選択できます。
  3. 消費税】
    税方式や経理処理方式を選択します。

下記の内容で基本情報を登録しましょう。

製造科目 あり
伝票番号 マニュアル設定
年表示形式 西暦
入力項目 全てチェックあり
中間決算仕訳 使用しない
課税方式 簡易課税
経理処理方式 税込
消費税は数処理ー売上 切り捨て
諸費税は数処理ー売上以外 切り捨て
消費税額入力方式ー売上 外税
消費税額入力方式ー売上以外 内税

【注意】
入力項目で選択できる「プロジェクト」「セグメント1」「セグメント2」は、会計の入力項目として使用するかどうか選択をします。(チェックを付けると会計の入力画面に表示されます)「セグメント1」「セグメント2」で仕訳を集計するなどの機能は、ClearWorks上には存在しません。つまり、設定を行っても部門のように部門別の試算表が作成できるわけではありません。会計メニューのエクスポートなどで仕訳をCSV出力する時には出力項目になります。外部にて別途集計表等が必要な場合は、使用して頂くことができます。

会計基本情報の登録

Point

  • 製造科目の選択について
    「なし」を選択した場合、製造科目が全ての入力・表示画面で表示されません。
    (製造経費帳を除く)
  • 消費税処理方式について
  1. 税込 売上・仕入・経費などの消費税の計上されている科目を集計表(試算表)で税込み表示します。損益計算に消費税が影響します。
  2. 税抜 売上・仕入・経費などの消費税の計上されている科目を集計表(試算表)で税抜き表示します。損益計算に消費税が影響せず、貸借対照表上に“仮払消費税”“仮受消費税”が計上されます。

注意!!
販売連動をClearWorksで使用する場合、消費税額は税抜で計上されますので、税抜処理方式を選択して下さい。
・消費税端数処理について
登録後に変更可能ですが、入力済みの仕訳には反映されませんのでご注意下さい。

  • 消費税額入力方式について  (10,500円の消耗品を購入した場合)
  1. 内税 税込み額で入力し、消費税額を自動計算

    消耗品費 10,500 内税500 / 現金 10,500
  2. 外税 税抜き額で入力し、消費税額を自動計算
    消耗品費 10,000 外税500 / 現金 10,500
  3. 別記 消費税を自動計算させず別起票する
    消耗品費 10,000 別記    / 現金 10,500
    仮払消費税  500

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理


会計基本情報を登録しよう TOPへ戻る
「会計基本情報」の登録手順のご案内です。会計ワークスを利用する場合、最初に「会計基本情報」の登録が必要です。この登録が完了しないと、会計ワークスの日常機能を利用することができません。記事中に記入例と注意点が記載されておりますのでご確認ください。