会計入力に使用する勘定科目の設定のご案内です。あらかじめ初期値で科目が登録されていますので、修正・追加を行う必要があります。会計ワークスで用意されている科目体系は、法人用と個人事業主用の体系が用意されています。記入例と注意点が記事中に記載されておりますのでご確認下さい。

クラウドERPシリーズ

勘定科目の設定をしよう

会計入力に使用する勘定科目の設定を行います。
あらかじめ初期値で科目が登録されていますので、修正・追加を行って下さい。
会計ワークスで用意されている科目体系は、法人用と個人事業主用の体系が用意されています。

会計-勘定科目をクリックして、「別段預金(コード157)」で登録してみましょう。
勘定科目の設定

Point

  • 科目タイプは勘定科目の属性にあたります。設定を正しく行いませんと、試算表の集計等へ影響しますのでご注意下さい。(科目タイプの追加・変更はできません)
  • システム初期値で登録されている勘定科目を“基本科目”と呼びます。
    この基本科目は削除できません。
    また、登録した勘定科目でも、伝票で使用していたり、残高が残っていたりする
    勘定科目は同様に削除できません。
    使用しない勘定科目で参照画面に表示させたくない場合は、
    非表示にチェックを入れて下さい。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理