このメニューではその他勘定科目へ補助科目を設定し、内訳管理を行えるようにします。取引銀行で登録した銀行が補助科目として登録されているか確認してみましょう。記入例と注意点、参考になる情報が記事中に記載されております。今一度記事をご参照ください。

クラウドERPシリーズ

補助科目を確認してみよう

共通-取引銀行で登録した預金口座が当座預金・普通預金の補助科目として自動的に登録されています。このメニューではその他勘定科目へ補助科目を設定し、内訳管理を行えるようにします。

会計-補助科目をクリックして確認してみましょう。
取引銀行で登録した銀行が補助科目として登録されているか表示してみます。
科目部分を“全て”に変更して表示ボタンをクリックします。
補助科目の確認

補助科目の新規追加を行ってみましょう。
補助科目の新規追加

Point

  • 親科目が違う場合は、同じ補助科目コードも使用できます。
  • 取引銀行メニュー側で銀行名等変更を行っても、自動作成済みの補助科目は変更されません。補助科目名称も変更したい場合は、この画面でも変更登録を行って下さい。ただし、名称が一致していなくても、システム的には当初の関連づけが保持されているので、過去のデータとの整合性などは問題ありません。
  • 取引銀行メニュー側で削除を行っても、自動作成された補助科目は削除されません。また、伝票入力や残高登録が行われている場合は削除できません。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理