かんたん日報で登録されている日報を作成し、変更処理するまでの手順のご案内です。かんたん日報で登録されている日報を、承認して振替伝票形式の自動仕訳を作成します。内容確認時に誤りを見つけた場合は、変更処理も可能です。記事中には記入例と注意点を掲載しておりますので、ご確認ください。

クラウドERPシリーズ かんたん日報を承認して作成しよう

かんたん日報で登録されている日報を、承認して振替伝票形式の自動仕訳を作成します。内容確認時に誤りを見つけた場合は、変更処理も可能です。

会計-日次管理表-仕訳日記帳にて、仕訳が発生していないことを確認した上で、会計-かんたん日報-日報承認にて承認作業を行ってみましょう。

  1. 日次管理表-仕訳日記帳をクリックします。
    初期値で期間はシステム日付になっています。そのまま表示ボタンをクリックし現在仕訳がないことを確認して下さい。
  2. かんたん日報-日報承認をクリックします。
    期間・区分を適切なものに設定します。表示ボタンをクリックすると、指定した条件のかんたん日報一覧表が表示されます。
  3. かんたん日報変更

  4. 表示されたかんたん日報の内容を確認して、問題がなければチェックを付けます。
    承認しない日報にはチェックを付けないで下さい。
  5. 「v承認」ボタンをクリックすると、チェックのついているかんたん日報が承認され、振替伝票となります。連結結果が画面に表示されます。起票された振替伝票は仕訳日記帳等で確認して下さい。

Point

  • 「かんたん日報承認」にて作成された振替伝票の日付は「かんたん日報」における日付ではなく、承認時のシステム日付になります。
  • 「印刷」ボタンは画面の日報承認一覧表が印刷できます。
  • 「v全印刷」ボタンはチェックが付いている日報の一括精算書印刷を行うボタンです。
  • 「かんたん日報承認」は誰でも行えるようにせず、ユーザ権限付与にて管理者だけが処理できるように設定して下さい。
  • 承認を行った日報を修正した場合、“未承認”の扱いになります。再度「かんたん日報承認」画面にて承認作業を行って下さい。ただし、承認後の日報を修正できるのは、承認権限があるユーザのみです。振替伝票で直接修正も可能ですが、日報は変更されませんのでご注意下さい。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理


かんたん日報を承認して作成しよう TOPへ戻る
かんたん日報で登録されている日報を作成し、変更処理するまでの手順のご案内です。かんたん日報で登録されている日報を、承認して振替伝票形式の自動仕訳を作成します。内容確認時に誤りを見つけた場合は、変更処理も可能です。記事中には記入例と注意点を掲載しておりますので、ご確認ください。