出納帳には「現預金出納帳」「経費帳」「製造経費帳」の3種類用意されています。全て印刷とCSV出力が可能です。記事中で手順のご案内がありますので、今一度ご確認ください。

クラウドERPシリーズ 出納帳を確認しよう

出納帳には3種類用意されています。全て印刷とCSV出力が可能です。

  1. 現預金出納帳
  2. 経費帳
  3. 製造経費帳

下記の内容を現預金出納帳で登録してみましょう。現預金出納帳はEnterキーで進むことができます。
現預金出納帳1

  1. 出納科目を選択します。(今回は現金)
  2. 表示仕訳を適切なものに変更します。(今回は4月)
    変更したら表示ボタンをクリックします。(既に登録されている内容があれば表示されます)
  3. 日付の入力をします。(0722だけでも入力できます)
  4. 相手科目コード欄で科目コードを入力します。(今回は新聞図書費)
    相手科目コード欄にカーソルが止まると上部に科目コード一覧が表示されます。
    科目コードが分からない時は参照して下さい。
  5. 補助科目が必要な場合は補助科目コードを入力します。
  6. 部門が必要な場合は部門コードを入力します。
  7. 必要に応じ、摘要を入力します。
    摘要コード欄にカーソルが止まると上部に登録されている摘要一覧が表示されます。摘要コード欄をEnterキーで進むと直接摘要入力できます。(全角30文字まで)
  8. 金額を入金・出金該当の欄へ入力します。入力後Enterキーで進むことで行登録されます。

現預金2

下記の内容を更に現預金出納帳にて登録してみましょう。
現預金3

Point
現預金出納帳には、伝票で登録された内容も表示されますが、修正・削除はできません。
#行番号やチャックボックスが表示される取引は、出納帳より入力されたもののみです。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理


出納帳を確認しよう TOPへ戻る
出納帳には「現預金出納帳」「経費帳」「製造経費帳」の3種類用意されています。全て印刷とCSV出力が可能です。記事中で手順のご案内がありますので、今一度ご確認ください。