日次・仕訳制御のメニューのご案内です。「仕訳連動」「仕訳CSV」「仕訳再集計」から細かく5つの処理ができます。詳細は記事をご覧ください。

クラウドERPシリーズ

日次・仕訳制御のメニューを確認しよう

会計-日次・仕訳制御のメニューには、以下のような機能があります。

仕訳制御

このメニューでは5つの処理が可能です。

    【仕訳連動】

  1. 販売連動
    販売ワークスに入力された売上・入金・仕入・支払の情報を会計ワークスへ仕訳連動いたします。
  2. 給与連動
    給与ワークスに入力された給与・賞与の支払い情報を会計ワークスへ仕訳連動いたします。
  3. 【仕訳CSV】

  4. CSVインポート(仕訳データ)
    CSVで作成された会計仕訳データをシステムに取込むメニューです。
    システム導入時に、一括取込を行うといったことも可能です。
    インポートのフォーマットは定型で決まっています。弊社clear worksサイトにシートを用意しております。ダウンロードの上ご利用下さい。
  5. CSVエクスポート(仕訳データ・残高データ)
    システムに入力された仕訳データを書出しするメニューです。
    連結用データとしてエクスポートし、他のシステムへデータを渡すこともできます。
    また、ClearWorksでは集計ができない「プロジェクト」や「セグメント」の集計を作成するために出力し、外部にて集計表を作成することができます。
  6. 【仕訳再集計】

  7. 何らかの事情で仕訳金額と月計に不一致が生じた場合、仕訳データから会計期間内の月計を再集計します。
    特に異常がない場合はその処理は実行しないで下さい。
    また、この処理では会計期間内の全仕訳を参照し再集計をかけます。そのため仕訳の量に応じて処理に時間がかかります。この処理を行っている間は、他の処理は絶対に実行しないで下さい。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理