資金繰りの表を設定する手順のご案内です。「資金繰りの見込み」「資金繰り区分」を設定し、資金繰り表を設定します。資金繰り表には「見込額表示」・「実績額表示」・「見込実績対比表示」の3種類の表示方法が選択できます。初期表示画面は、見込実績対比表示となっています。詳細は記事をご参照ください。

クラウドERPシリーズ 資金繰り表を設定しよう

資金繰り表 >見込設定 【資金繰りの見込を設定します】 1・設定名を入力します。 例:「掛け売上」と入力。※金額設定方法は、任意金額設定を選択します。 2・金額を入力します。例:「売掛金回収」の月間の額を入力します。 3・掛け率について、初期値は「1.0」です。例えば、「2.0」とすると、金額を2.0乗して設定されます。 4・集計先項目を選択します。例:プルダウンにて「現金売上」を選択します。 5・次に設定した見込金額を反映する期間を設定します。 開始年月(反映する開始月です)  サイクル(3ヵ月毎等、金額を反映するサイクル月です。毎月)  終了年月(終了月です) ※資金繰り表の見込欄に直接数値を入力することも可能です。 資金繰り表の見込欄 ※販売ワークスもセットでお使いの場合 販売ワークスの入金予定日 支払予定日 受取手形回収日 支払手形支払日を見込設定に反映する事が可能です。 「金額設定方法」で、   販売ー入金予定  販売ー支払予定  販売ー受取手形  販売ー支払手形 をそれぞれ設定します。 販売ワークスの各予定が見込設定に反映されます。 ※集計先項目は、選択できません。連動パターンに従い自動的に見込表示されます。


資金繰り表>項目設定 【資金繰り区分を設定します】 ■予め設定された勘定科目(初期値)について 初期値の勘定科目には、資金繰区分が既に設定されています。 初期値を変更する場合は対象となる勘定科目の番号を選択して「借方資金繰区分」「貸方資金繰区分」をそれぞれ変更して「登録」してください。 勘定科目(初期値)について 新規で勘定科目を登録追加した場合には、資金繰区分の初期値は、借方・貸方ともに「対象外」に設定されています。 対象となる勘定科目の番号を選択して「借方資金繰区分」「貸方資金繰区分」をそれぞれ変更して「登録」してください。

資金繰り表>資金繰り表 【資金繰り表を表示します】 資金繰り表には「見込額表示」・「実績額表示」・「見込実績対比表示」の3種類の表示方法が選択できます。 初期表示画面は、見込実績対比表示となっています。 表示の切替えは、左上メニューボタンの「見込額表示」「実績額表示」「見込実績対比」で切り替えることが出来ます。 また表示される期間の初期値は、会計期間を表示するようにしています。 例:3月末決算の場合は、4月-3月にて表示されます。 月次表示の変更は << >> 6ヶ月移動 < > 1ヶ月移動   で、表示変更ができます。
資金繰り表を表示

■見込設定の反映 「見込設定」で設定した金額を反映させる場合は、反映させたい月にチェックをして「v見込設定からの再計算」ボタンを押してください。 ※(全選択)□にチェックを入れると全ての月にチェックが入ります。 見込設定の反映
■見込額の修正 「見込額」の反映後、直接見込額を修正することも可能です。修正したい見込額を 直接クリックして金額を修正して下さい。 ※実績額は修正できません。
■見込額の保存 見込額を保存したい場合は、右上の「見込額保存」で保存することが可能です。 ※「見込額」はいつでも修正して「見込額保存」をすれば上書き保存されます。 ボタン解説
■CSV出力 画面に表示された資金繰り表をCSV形式にて出力します。 エクセル等でご自由にデータを加工いただけます。 ボタン解説
■見込設定ボタン 左上の「見込設定」で「見込設定」画面が開きます。 ※見込額設定作業時に、メニューに戻らなくても直接「見込設定」画面が 別窓で開きますので便利です。 ボタン解説

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作


会計ワークス(設定)


会計ワークス(日常業務)


期末処理


資金繰り表を設定しよう TOPへ戻る
資金繰りの表を設定する手順のご案内です。「資金繰りの見込み」「資金繰り区分」を設定し、資金繰り表を設定します。資金繰り表には「見込額表示」・「実績額表示」・「見込実績対比表示」の3種類の表示方法が選択できます。初期表示画面は、見込実績対比表示となっています。詳細は記事をご参照ください。