会計ワークスで入力された仕訳を、他社の財務システムに連動するための手順のご案内です。現在連動対応システムは、6システムです。「MJS ACELINK会計大将」「MJS LINK財務大将」「MJS MICSNET 財務Master」「JDL 財務システム」「ネットde記帳」「勘定奉行」になります。詳細は記事をご参照ください。

クラウドERPシリーズ

他社の財務システムと連動してみよう

会計ワークスで入力された仕訳を、他社の財務システムに連動することを目的としています。

現在連動対応システムは、以下の6システムです。

  • MJS ACELINK会計大将
  • MJS LINK財務大将
  • MJS MICSNET 財務Master
  • JDL 財務システム
  • ネットde記帳
  • 勘定奉行

    操作の流れとしては以下のような流れになります。(詳細はWebサイトにて確認して下さい)

  1. 設定-会計-他システム連動設定にて、連動するシステムの選択や連動先の科目コード等の設定を行います。
  2. 会計-月次-他システム連動にて、連動データを抽出します。
  3. 連動先のシステムにて②のデータを取り込みます。

他社の財務システムに連動

ACELINK会計大将について
ACELINK会計大将は、上記の「抽出のみ」タイプ以外に「双方向」タイプ機能もあります。
この「双方向」タイプは、会計ワークスで月次取引の一部だけ入力し、ACELINK会計大将で作成した仕訳と合算するような運用をする場合や、期中に会計ワークスを導入しACELINK会計大将で作成したデータを取り込む場合などに使用します。
ただし、「双方向」タイプの場合販売連動・給与連動の機能は使用できません。

ご利用ガイドメニュー

操作

会計の基本操作

会計ワークス(設定)

会計ワークス(日常業務)

期末処理