クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

クラウドERPシリーズ 4-1. 現預金出納帳の登録方法

kaikei_daily4-1-1

1.キーボード操作
現金出納帳の仕訳登録行(薄い黄色い行)はENTERキー・TABキー及び矢印キー(← →)での移動が可能です。

(1)ENTERキー

 相手科目→補助科目→部門→摘要(選択)→摘要(直接入力)→入金→出金→「登録」ボタン

(2)TABキー(矢印キー →)

 相手科目→補助科目→部門→摘要(選択)→摘要(選択)設定ボタン「>」→摘要(直接入力)→相手税区分→税表記→入金→出金→入金消費税→出金消費税→社員→プロジェクト→付箋
※仕訳登録行のプロジェクトは、設定画面の「会計基本情報」の「入力項目」でプロジェクトの使用にチェックがある場合に表示されます。

(3)F1キー

 仕訳登録行の次の場所にカーソルがある時に、それぞれの検索画面が表示されます。
 相手科目「科目検索」、摘要「摘要検索」、プロジェクト「プロジェクト検索」

2.登録方法
①出納科目を選択します。
②表示仕訳を「当日仕訳」とした場合の初期値は操作日です。特定の月を選択した場合、仕訳登録行の日付の初期値は、会計期の期首の日付を基点に、月単位で日付が表示されます。
③「表示」ボタンを押すと、仕訳登録行が表示されます(薄黄色の状態が登録行です)。
④相手科目を選択・決定し、必要に応じて補助科目を選択・決定します。
⑤必要に応じて、部門や社員、摘要を入力します。相手科目の税区分・税表記は、「勘定科目」に設定してある情報がセットされます。
⑥入金または出金に金額を入力します。カンマ入力は不要です。
⑦「登録」ボタンを押します。
⑧同一の出納科目で登録を続ける場合は、④~⑦を繰り返します。
※現預金出納帳の仕訳登録は単一仕訳になり、複合伝票の登録はできません。
※預金出納帳で登録すると、伝種は出納科目が現金の時は「現出」、出納科目が預金科目の時は「預出」となります。
※設定画面の「会計基本情報」で課税方式が「免税」の場合は、消費税に関する項目は入力や選択ができない状態(グレーアウト)になります。
※税表記が内税で、自動計算された消費税額ではない任意の額に変更した場合は、「登録」ボタンを押した際に、消費税額の自動計算値と相違があることと確認するメッセージが表示されます。その確認画面で「OK」ボタンを押すことで、強制的に登録することができます。
※「表示仕訳」で選択した月と異なる月の日付を入力して伝票を登録した場合、伝票は入力した年月日で登録されますが、画面表示は「表示仕訳」の月が優先されるため、伝票を「登録」した時に、すぐに登録した伝票内容を確認することができません。「表示仕訳」の月を伝票日付とした月に変更し、「表示」ボタンを押して登録内容を確認してください。

3.確認・修正
振替伝票や単一仕訳、経費帳、入金伝票、出金伝票などで入力した仕訳のうち、現金取引・預金取引は現金出納帳でも表示・確認が可能です。ただし、伝種が「現出」「預出」でないものは、現預金出納帳では修正・削除はできません。

①出納科目を選択します。
②表示仕訳で確認したい月を選択します。特定の日に登録されている伝票を確認したい場合は、表示仕訳で当日仕訳を選択し、確認したい年月日を入力します。
③「表示」ボタンを押します。

(1)修正

「#」欄の青い番号を押すと、背景が薄い黄色の状態(登録行)に切り替わります。修正後、画面下部の「登録」ボタンを押します。
※「#」欄の番号が黒字の仕訳は、伝種が「現出」「預出」ではないため、現金出納帳の画面では修正できません。

(2)削除

「#」欄にチェックを入れて、画面下部の「削除」ボタンを押します。削除後の復旧はできません。
※「#」欄にチェックボックスが表示されない仕訳は、伝種が「現出」「預出」ではないため、現金出納帳の画面では削除できません。

4.現預金出納帳:機能一覧
■画面上部(ボタン・出納科目)

「F1 検索」ボタン 仕訳登録行の次の場所にカーソルがある時に、それぞれの検索画面が表示されます。
相手科目「科目検索」、摘要「摘要検索」、プロジェクト「プロジェクト検索」
キーボードショートカット「F1」キー
「表示」ボタン 表示条件の仕訳を表示するとともに、新しい仕訳登録行を表示します。
「印刷」ボタン 表示している一覧を印刷(PDF出力)します。
「CSV出力」ボタン 表示している一覧をCSV出力します。
出納科目 プルダウンから選択します。表示されるのは、設定画面の「勘定科目」で科目タイプが「現金・預金合計」の勘定科目です。
表示仕訳 当日仕訳か年月を選択します。年月を指定した場合、会計期の自(開始日)を基点に月単位で表示されます。
例:会計期間の期首が2/15の場合→各月15日
表示日付 「表示仕訳」が「当日仕訳」の場合に、年月日を入力します。
入力形式:yyyy/mm/dd または yy/m/d
月日(mm/dd)と入力した場合は、操作日が含まれる会計期間で年を補完します。
例:会計期間:2015年4月1日~2016年3月31日
  操作日:2016年3月28日 入力値:3/1 → 2016/03/01となります。
  操作日:2016年3月28日 入力値:4/1 → 2015/04/01となります。
日付(dd)のみ入力した場合は、年月を補完します。

■仕訳登録行の末尾の付箋

付箋 ・付箋色:5色(赤・青・黄・緑・橙)
・From欄、To欄:全角10文字(半角20文字)以内
・コメント欄:全角100文字(半角200文字)以内
登録中の仕訳に「付箋」を付けます。From欄にはログインしているユーザIDの「ユーザ名」が表示されます。To欄に付箋の情報の宛先となる氏名等を入力します(空欄のままでも登録可能です)。ユーザ名や社員名にかかわらず、任意の入力が可能です。付箋色「無し」を選択すると、付箋に登録した情報が削除されます。登録した付箋は、ホーム画面の「付箋一覧」で参照できます。

■画面下部

「削除」ボタン 一覧の「#」欄のチェックが入っている仕訳を削除します。
「Home 仕訳日記帳」
ボタン
「仕訳日記帳」に移動します。
「登録」ボタン 入力した仕訳を登録します。
「キャンセル」ボタン 入力中の仕訳情報をキャンセルします。

4-1. 現預金出納帳の登録方法 TOPへ戻る
クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。