クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。

クラウドERPシリーズ 12-1. 販売連動

販売ワークスの「売上伝票」「仕入伝票」「入金伝票」「支払伝票」のデータを仕訳伝票にします。仕訳伝票は、設定画面の「販売連動科目」で設定した条件に従って生成されます。

1.連動の条件と注意点
・画面右上に表示されている会計期のデータが対象です。
・会計期の状態が「当期」または「翌期」で実行できます。「前期」及び前期以前の会計期では実行できません。
・会計期の状態が「当期」または「翌期」でも、会計ワークスの「月次」画面の「データ確定処理」で、任意の月日のデータ確定の登録を行っている場合、その月日以前のデータは連動されません。
・設定画面の「販売連動科目」で会計連動する対象としてチェックを入れている伝票(売上伝票、仕入伝票、入金伝票、支払伝票)のデータから仕訳伝票を生成します。
・販売連動によって会計ワークスに生成された仕訳伝票を修正しても、販売ワークスの該当伝票に修正内容は反映されません。
・販売連動によって会計ワークスに生成された仕訳伝票を修正した後、販売ワークスの該当伝票を修正し、再度、販売連動を実行すると、販売ワークスで修正した内容の仕訳で上書き修正します。
・販売連動によって会計ワークスに生成された仕訳伝票を削除しても、販売ワークスの該当伝票は削除されません。

2.販売連動の操作方法

kaikei_daily12-1-2
①販売連動の画面で「処理開始」ボタンを押します。
②処理が終了すると、処理結果が表示されます。

■データ確定日以前の伝票もチェックする
 会計ワークスの「月次」画面の「データ確定処理」で、任意の月日のデータ確定の登録を行っている場合、その月日以前のデータは連動されませんが、未連動のデータの確認を行いたいときにチェックを入れます。データ確定日以前には、仕訳は生成されません。

■処理の状態(区分)
・新規 販売ワークスから初めて会計ワークスに連動したデータです。
・変更 販売ワークスで伝票の修正・更新があり、先に連動した仕訳を修正したことを示します。
・削除 販売ワークスで伝票が削除されたため、先に連動した仕訳を削除したことを示します。

kaikei_daily12-1-3

3.連動で生成される仕訳
 販売連動で生成される仕訳は、伝種「振替(振替伝票)」です。連動された仕訳の摘要欄に販売ワークスの伝票の種類と伝票番号が表示されます。

kaikei_daily12-1-4


12-1. 販売連動 TOPへ戻る
クラウドERPシリーズは、スイートワークス、クリアワークスなど、財務会計・販売管理・給与計算をまとめて管理できるクラウドERPです。