クラウドのメリット|日経BP社クラウドランキングでベストサービス受賞の自動会計・販売管理・給与計算ソフトClearworksによるクラウドのメリット

クラウドERPシリーズ

クラウドのメリット

クラウドとは

クラウドのメリットもともとは英語で「雲」を意味する cloud という言葉です。近年、インターネット業界で言われるクラウドとは、クラウド・コンビューティングの略です。

アプリケーションやデータなどをパソコン側ではなく、クラウド(≒インターネット)の向こう側に持つことで、端末に縛られなくなるため、様々な利便性を生んでいます。

クラウド・コンピューティングという言葉は、2006年8月にGoogleのエリック・シュミット氏が発言したのが最初と言われています。

クラウドサービスは

  • SaaS(Software as a Service)
  • PaaS(Platform as a Service)
  • IaaS(Infrastructure as a Service)

の3つに大きく分けられます。

主なクラウドサービス

  • Gmail(メールソフトをクラウドに)
  • Dropbox(データストレージをクラウドに)
  • サイボウズ(グループウェアをクラウドに)



一般の方に関わりが深いのはSaaSです。Yahoo!メール、Gmailなどのメールサービスをご利用になられている方も多いかと思いますが、Outlook、Thunderbirdなどパソコンにインストールして使うタイプのメールソフトの役割を、クラウドが担っています。

ClearWorksは、弥生シリーズに代表されるインストール型業務ソフトの役割をクラウドで提供しています。

SaaSとASPの違い

SaaSとASP(Application Service Provider)を厳密に分けることはできません。どちらも「データセンター上にあるコンピュータリソース(資源)やソフトウェアなどを、インターネットを介していつでもどこで利用できるシステムサービスの形態」を指します。

一般的には仮想技術(クラウド技術)によって、より高度なシステムサービスに進化したものが「SaaS/クラウド」と呼ばれています。

クラウドとインストール型ソフトとの違い

業務ソフトをクラウドで利用する場合、初期投資を抑えることが出来る、特定のパソコンに依存せずどこからでも利用できる、などのメリットがあります。

クラウドの安定性

ASPという言葉が一般的だったころ、インターネット上のソフトウェアサービスはよく「落ちる」ことがありました。

アクセスが集中し、情報処理を行うサーバーの処理能力を上回ったとき、ソフトの動作が著しく遅くなったり、接続そのものができなくなるような事態です。

しかし近年ではサーバー仮想化の技術が進んだため、一時的なアクセス集中が起こった場合、CPUやメモリなどを自動的に調整する機能(オートスケール機能)などもあり、いつでも安定したスピードでご利用いただけるようになりました。

クラウドのデータ保全

cloud11
会計・販売管理・給与計算などのデータは、会社にとって重要ですので漏洩や消失のリスクは絶対に避けなければなりません。

クラウドは仮想技術という最新技術を活用したシステム基盤で、その大きなメリットは障害に強いことです。

クラウド基盤では数万台という物理的なサーバーを仮想的に一つのリソースプール(巨大なコンピュータ)に見立てて稼働させます。そのため、複数台のサーバーが同時に壊れたり止まったりしてもデータがなくなったり、サービスが停止することがない構造になっています。

同じことを社内で行う場合、要求される処理能力を持ったサーバー、ストレージ、サーバーOS、ソフトウェアなどを複数用意し、バックアップ機器と24時間365日の運用監視体制が必要です。

クラウドの安全性

クラウドサービスは一般にクラウド基盤技術を活用した最新のデータセンターで運用されています。ClearWorksもこうした非常に機密性の高いデータセンターの中で高度にセキュリティが確保されています。安全管理の観点は主に3つあります。

  • 物理的安全性:システムが稼働しているデータセンターそのものの安全性
  • 技術的安全性:システムそのものが不正侵入やデータ漏えいしない安全性
  • 組織的安全性:運用会社や組織が安全なプロセスで運用管理できているか

クラウドの物理的安全性

データセンターには通常窓がなく、1箇所だけの出入り口に複数の警備員と防弾強化プラスティックの受付があり、予め認証を受けた人間でなければ入ることはできません。

仮に侵入しても全ての経路に死角なく監視カメラが配備され、携帯電波はジャミングされて使用不能ですので、そこでデータを抜き去ったり破壊行為を行うことは事実上不可能です。また自己や災害にも非常に強い構造になっています。

クラウドの技術的安全性

クラウドのデータセンターは、不正アクセスを防ぐため、FirewallやIDS/IPSといった非常に高度なセキュリティ専門システムを配置して不正アクセス攻撃を防止しています。

また、ブラウザによるアクセスはSSL(世界標準の暗号化通信方式)により全て暗号化され、個人のPCなどに重要なデータが残らない構造になっています。こうした対応を企業1社1社が保有すると非常に大きな導入コストと運用コストが掛かりますが、クラウドサービスは多くのユーザーで費用を分担していますので、金融機関並みのセキュリティが安価に提供されています。

クラウドの組織的安全性

物理的・技術的に安全性を高めても、それを運用している要員が意図的に不正を働いたり、意図せずにミスを犯す可能性も想定しておかなければなりません。

システムやデータの安全管理プロセスが有効に機能して、常に複数の要員でお互いの作業を監視・チェックして、運用プロセスが有効に機能しているかを組織的に管理できているかが重要です。

それを第三者で評価・確認しているのが「Pマーク」や「ISMS」などです。これらの認証はクラウドサービスベンダーやその利害関係者ではない専門の第三者機関が、定期的にそのクラウドベンダーの社内に監査に入って組織的安全性が確保されているかを確認するものです。この「Pマーク」「ISMS」はクラウドベンダーを選択する際の大きなポイントの1つになります。

データセンターの物理的安全性

不正侵入防止
  • すべての経路で24時間365日監視
  • 出入り口を1箇所に限定(窓や裏口からの侵入防止)
  • 入退出時に厳重なIDチェック
停電対策
  • 本系統、予備系統の2系統の電力源
  • 無停電電源装置
  • 自家発電装置
災害対策
  • 一般建造物の数倍の耐震構造
  • 自動防火壁(延焼を確実に防止)
  • 窒素消火装置
    (データ保全のため水は不使用)

クラウドのデータ漏えい対策

ClearWorksのサーバーには常に最新の脆弱性対策が施されているため、ハッキングへの対策は万全です。万が一に備え、サーバー上のデータは高度に暗号化されています。

SSL通信の安全性

cloud31
SSL(TSLと呼ばれることもあります)とは、インターネット上でやりとりされるデータの暗号化の規格です。

SSLで通信が行われているウェブページを表示すると、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのウェブブラウザ上に、南京錠のようなマークが表示されています。

データは公開鍵方式・PKIと共通鍵方式の組み合わせで高度に暗号化されているため、第三者にデータを覗き見されることはありません。

通常、ネットバンキングやショッピングサイトでは必ず使用されています。

ClearWorksの管理画面へのアクセスも、SSLによって暗号化されているため、安心してご利用いただけます。

ClearWorksのクラウド

cloud31ClearWorksでは、常に電力圏の異なる3つのデータセンターに分散管理されており、常に他の2か所から24時間365日運用監視すると同時に他の2か所にデータをバックアップしていますので、大規模災害など万が一の時でもデータは守られ、サービスは止まりません。

またClearWorksは2008年のサービス開始以来これまで一度も障害停止がありません。クラウドサービスの中でも非常に安定した実績を持っていますのでご安心してご利用頂くことができます。